マジで現な本の帯。

 こんばんは。

この御時世、いつもよりたっぷりと時間があって。しかも週半ばの水曜日ともなると、平時でも週明けや週末に比べると比較的おヒマになる事もありましたが。この御時世の水曜日ともなると、更に時間がたっぷりできて。

 なもんで、読書してました。

本を買う時、帯に惹かれる事もあって。

帯の文言を読んでから期待を高めて読書して。

まあでも、読み終わる頃には本の中身に惹かれていて。

その頃には本の帯の文言など忘れていて。

読後に今一度本の帯を見る事も少なく。

見たとして、「まあそうかな」とか「そうだっけ」ぐらいの感じなんですが。

今日読んだやつ、、、

おっしゃる通り!気分悪いまんまに最後までいきました。「代償」ってタイトルです。

こんな的確で覚えやすい本の帯(厳密に言うとこれは本のカバーになってまして、ダブルカバーなんですが。つまりレジで紙のカバーをつけてもらったら、トリプルカバーになっちゃう代物)いい仕事してますよね!うちの商品にもこれぐらい分かりやすく効果的なメッセージを添えてみたいわ!と思っちゃいました。

ちゃんちゃん。

おーきにです。。。金澤かどま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。