滋賀の地酒のあのイベント。。。

こんばんは。

三連休最終日の月曜日、、、

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

当店は、本日も営業しておりましたが、

ゆーっくりと平和的に時間が流れていく一日でありました。。。「ぼちぼち」ってヤツです。

秋は「ぼちぼち」って感じの季節感ですし、

「ぼちぼち」ってのは、秋っぽいところがありますから、まあ、こんなもんでしょかね?!

はい。。。

 

さてさて、、、

昨日の日曜日、

今年もまた「滋賀地酒の祭典」に参加してきました!

第一部と言えばいいのでしょうか、

本番は10月の13日に開催されますが。。。

僕が参加したのは、

「みんなで選ぶ滋賀の地酒会」です。

ラベルの見えない日本酒を利いて利いて利きまくるわけです!

普通酒、純米酒、吟醸酒、純米吟醸酒の四部門で、

合計80種類以上の滋賀地酒を利きまくりました!

正味、とても疲れました・・・

この中から、参加者の一番評価の高かったお酒が、

一等賞の知事賞、優秀賞の琵琶湖賞となるわけです。

はてはて、どこのお酒が知事賞になるのか???

全利き酒終了後に、出品リストが配られ、

見えなかったお酒達の正体がわかるのですが。

個人的に各部門で、採点1(とても美味しい)を4種類ずつぐらい選んでたのですが、

トータルで見ると、二部門で松瀬さんのお酒を選んでましたので、結果論、蔵元比較では、一番評価になりました。

他にも甲乙付け難いものがいくつかありましたので、

正味、「一番はこれ!」ってのは選べませんでしたし、

どこの蔵元の、どの銘柄が知事賞取るのかは、まったくわかりません。。。

なかなかに、結果発表が楽しみであります!!!

また、

某蔵元の某地酒に採点4(おいしくない)を付けてまして、ブラインドってのは面白いな!って思いましたし、4を付けた事がそこの社長にバレてしまい、、、シバかれるんじゃないか?!とハラハラしたり。

色々と楽しめました!!!

 

それらの結果発表が、10月13日(月曜・祝日)の「滋賀地酒の祭典」(於・大津プリンスホテル)で行われます!

結果発表もさることながら、県内33蔵300種類以上の地酒を飲み倒せる!という、

酒飲みにはたまらんイベントでありますので、

是非ともお時間があれば、入場料1500円を握りしめて、レッツゴーして欲しいなと思います!

(イベント詳細は「滋賀県酒造組合」を検索して下さい)

 

ではではまた今週も、気張っていきましょ!

 

おーきにです。。。金澤かどま

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。